松井建築研究所                     
MATSUI ARCHITECTURE OFFICE                    

次世代に引き継ぐ家
−築80年の民家再生−

敷地面積   約 1320㎡
 1階床面積    185㎡
 2階床面積    64㎡
延床面積     249㎡
構造      木造2階屋
施工      渡辺富工務店(株)

都内の閑静な住宅街に、代々大切に受継いでこられたお住まいがある。
今回は若いご家族(夫婦と子供2人)が築80年の主屋に住われる為、大規模な民家再生が行われる事となった。

建主のご希望は、・80年続いてきた民家の良さを活かしながら、現代の生活に合わせて改修をする。・建物全体の耐震性を高める。・南の3つの主要な座敷は昔の姿を残し、北側を中心に新しい生活空間にする。・土足で行き来し、そのままくつろげる土間と薪ストーブがほしい。等が揚げられた。

日本の柔らかさとねばりのある伝統構法を現代に活かした民家再生工事を行う事とし、社員として優れた大工職人を多く抱える渡辺富工務店と巡り会うこととなった。菊池棟梁とその弟子達の優れた技術により日本独特の工法による耐震補強が可能となった。
また瓦屋根の工事は、その技術と丁寧さに定評があり何回かお願いした事のある渡辺瓦店が担当し、古い瓦を再利用しながらも1枚1枚ビス止めをした耐震施工が施され、再び美しい入母屋の屋根が甦った。

無垢の材木を造作、天井、床、家具に使い、外は漆喰塗り、内部はデユッセル塗りの壁、緩やかにカーブした階段に黒皮仕上げのスチールの手摺、大谷石の土間、古い石を再利用して作った趣のある通路や庭など、建物全体に統一した質感を持たせている。

doma28.jpg


工事中の様子へリンク
2015年度民家再生奨励賞受賞
「モダンな和の家3」(ニューハウス出版)2015.9に掲載