松井建築研究所                     
MATSUI ARCHITECTURE OFFICE                    

自己を築く学校 創作館
学校法人 橘学苑

敷地面積     22180㎡
延床面積      602㎡
構造       鉄筋コンクリート造 2階建て
          ドーム リブ付きシェル 
施工      (株)大成建設 横浜支店

鶴見駅よりバスで15分程登り切った高台に、約2万平方メートルの緑豊かな敷地を持つ橘学苑がある。女子高等学校を中心に幼稚園・女子中学校がある。昭和17年の創立以来、自主的、自立的、創造的な人間の育成を教育目的とし、競争の場でなく、一人一人が尊重しあう協力の場を築くことを貫き、実践してきた。創作館と音楽堂はこの教育方針から生まれた建物である。

創作館は、用意された教育を行う為の教室群でなく、生徒と先生の間仕切りも取り除き、一歩中に踏み入れた若き人々が、何もない伽藍堂のようなこの空間の中で、「自分は一体何をしたいのか」を自分に問い、自分で考え、さらに自分を発見する場となる事を理想とした建物である。

建物の造形は前面に広がる運動場に向かって、高台の上より生えあがってできたようなイメージを粘土模型によって具体化したものである。外装も土よりレンガを積み上げ、屋根まで一気に覆った。レンガは年が経つ程に土に馴染み、又レンガ自身の持っている素朴な力強さによって、さらに形に生命力を持たせる素材である。

内部はドームそのままの形を生かして、木組みでピーラーの縁甲板を縦方向に張っていった。何重にも巡らした仮設ステージのお陰で、全体が見えず、まさに暗中模索の作業が3ヶ月も続いた。縁甲板はなるべく自然のままの素材を生かすため、プレーナーもかけず塗装もせず、野縁仕上げのままとした。

若き人々に感性豊かな学びの場として、自主的・自立的・創造的な人間育成の場として、この創作館が建ち続けてくれる事を願っている。

sousaku1.jpg

                     1991年3月号  新建築  掲載
                     1991年4月号  プルーフ 掲載